1. ホーム
  2. ブログ
  3. 【フォロワー獲得や販促に!】Instagramキャンペーンの実例や注意点について
BLOG

【フォロワー獲得や販促に!】Instagramキャンペーンの実例や注意点について

  • 投稿日 :
  • カテゴリー : Instagram

最近ではSNSを利用したマーケティングの施策が当たり前になってきました。特にInstagramキャンペーンは、アクティブ率の高さ、参加へのハードルの低さなどから、多くの企業が行っています。

TwitterやFacebookで行う施策との違いや、Instagramで行うメリットを理解しないと、その効果が変わってしまうこともあります。そこで今回は、Instagramキャンペーンについて、具体的なキャンペーン例と合わせてまとめてみました。

Instagramキャンペーンとは?

Instagramキャンペーンとは、その言葉通り、Instagramを使って行うキャンペーンを言います。内容はいろいろありますが、特に多いのはハッシュタグを使ってユーザーに投稿などのアクションをしてもらうものです。

Instagramキャンペーンの特徴

これまでこういったキャンペーンを行う際には、投稿用のフォームやはがきなどを用意したり、多くのユーザーが参加してもらうためにさまざまな施策を考えたりと、かなり手間がかかっていました。

その手間は、Instagramを活用することで大きく削減できます。ハッシュタグをつけて写真を投稿してもらうだけで参加できるようになったからです。

それだけではありません。

これまでは企業から一方的にメッセージを発信し続けることが中心でしたが、最近の消費者の心理プロセスは「DECAX」と言われ、ユーザーによる口コミや情報拡散を促進する重要性が高まってきています。Instagramユーザーにキャンペーンに参加してもらうことで、自社側の発信だけでなく、ユーザー側も自社に関する発信をしてくれることになるので、Instagram内で口コミのような拡散が起こるのです。

ではこの流れで、Instagramキャンペーンを行うメリットについて解説します。

Instagramキャンペーンを行うメリット

まず一つ目のメリットですが、既存のフォロワーとの関係性を強化することができることです。キャンペーン内容によっては、新規フォロワーの獲得にも大きく貢献します

TwitterやFacebookと比べると、そもそも拡散性が低いSNSです。しかし、ユーザー自身が写真を撮影し、ハッシュタグを付け、それを投稿するなど、少しユーザー側に動いてもらう必要があります(応募手順はそれだけなので参加自体は簡単ですが)。そのため、企業やブランドへのエンゲージメントが高まりやすいと考えられます。

もう一つは、優れたコンテンツが集まることです。

ユーザー自身の投稿をキャンペーン参加の条件にすると、自社や自社の商品に関する画像やコメントがたくさん集まります。特にInstagramはもともとクオリティの高い画像が多く投稿されています。そのため、一般ユーザーであっても企業が想像している以上に優れた画像を投稿してくれることがあるのです。

これによって、ユーザーが企業をより身近に感じてもらえるようになることが期待できますし、キャンペーン規約の作り方などによっては、集まった画像を広告に使用することもできるので、自社でコンテンツを作成するコストを抑えられます(このようなユーザーが投稿したコンテンツを自社の発信に活用する手法を「UGC」と言います)。

では、どのようなキャンペーンがあるのか? 次は実際の例を見てみましょう。

Instagramキャンペーンの実例

プレゼントキャンペーン

アカウントのフォローと、指定したハッシュタグや画像を付けての投稿を条件として、抽選で自社製品をプレゼントする最もポピュラーなInstagramキャンペーンです。物販を行っているすべての業種で実施が可能です。

ユーザーにとっては気軽に応募できるうえにプレゼントもあるので、応募が集まりやすいと言えます。大切なのは、分かりやすいハッシュタグをつけること。これによって、ユーザー間の拡散も期待できます。

ハーゲンダッツジャパン

URL:https://www.instagram.com/p/Bj_SNSEjBfC/?taken-by=haagendazs_jp

ハーゲンダッツは2018年7月現在、食品業界でフォロワー数1位となっており、定期的に自社製品のプレゼントキャンペーンを行っています。

このキャンペーンは、アカウントをフォローすること、ハッシュタグをつけて投稿をすることが応募の条件になっており、1ヶ月間毎日10名にプレゼントが当たるといった内容です。

他にも、テーマに沿った写真を投稿させるケースなど、いろいろなキャンペーンを行っています。Instagramキャンペーンを上手く活用している企業の一つと言えるでしょう。

D BY DADWAY(ディーバイダッドウェイ)

URL:https://www.instagram.com/p/Bkmy816Ax3x/?taken-by=d_by_dadway

世界中から育児用品を紹介するDADWAYから生まれた、テキスタイルを中心としたデザインレーベルです。赤ちゃんから大人まで、家族みんなが安心して使いやすい商品が紹介されています。

こちらのキャンペーンも、このアカウントをフォローすることと、指定のハッシュタグと画像をつけて投稿することが応募条件となっています。

実店舗に足を運んでもらうキャンペーン

このキャンペーンは、条件を満たした投稿を店舗で見せた場合に割引やサービスを受けられるというものです。他にも、DMで来店予約をすることでインスタ限定の割引が受けられるなど、リアル店舗とInstagramを絡めたキャンペーンも多くなってきています。店舗を展開している業種であれば、実施可能なキャンペーンです。

このキャンペーンの参加条件としては、プレゼントキャンペーンと同様、アカウントのフォローと指定のハッシュタグをつけた写真の投稿がほとんどです。

ザ・ボディショップ

アカウント:@thebodyshopjp

これは、ザ・ボディショップが行う自然保護のキャンペーンを、Instagramで店舗と連動させたものです。

ユーザーは店頭でキャンペーンアイコンである「レジー君」を撮影して、その写真に「#レジーに恋人を」というハッシュタグを付けて、Instagramに投稿します。それを店頭で提示すると、バッジがもらえるという内容です。また、「レジー君の恋人探し」というフックで、自然保護に関心を持ってもらいたいという企業ポリシーのPRにもつながっています。

このようなキャンペーンでは、来店とSNSでの拡散という2つの効果を狙わなくてはなりません。そのためには魅力的なプレゼントだけでなく、ユーザーが気軽に楽しんで参加できるかどうかも重要です。

たまひよの写真スタジオ

URL:http://studio.benesse.ne.jp/topics/news/2018/06/002877.html

たまひよの写真スタジオという、お子さまと家族の思い出として写真を残すことをコンセプトとした写真スタジオで行っているInstagramキャンペーンです。

これは、写真スタジオを利用された方を対象に、毎月抽選で1名様に撮影無料招待券が当たるキャンペーンです。これまでにご来店いただいたお客さまはもちろん、これからご来店いただくお客さまも対象とのこと。こちらのスタジオで撮影して、実際にお渡しした全てのデータの中からお気に入りの写真に2つのハッシュタグをつけて、Instagramに投稿するというのが参加条件です。

キャンペーンの参加条件で指定するハッシュタグが一つの場合、キャンペーンには全く関係のない投稿が混ざってしまうことがあります。それを回避するためには、ハッシュタグを2つにするという工夫は大切です。

また、プレゼントとして撮影無料招待券がもらえるというのは、家族にとっては非常に嬉しいプレゼントではないでしょうか。

リグラムキャンペーン

テーマに沿った写真を特定のハッシュタグを付けてユーザーに投稿してもらい、その中から優れた作品を企業側がリグラム(ほかの人の投稿を自分のアカウントで再投稿)するキャンペーンです。特設サイトで掲載されるパターンもあります。

特におしゃれな写真が支持されるInstagramとはとても相性のいいキャンペーンと言えるでしょう。ただし、このキャンペーンを行うためには、ユーザーにとって自分の投稿が紹介されることが価値になるレベルのアカウントに育っている必要があります

ニコンイメージングジャパン公式

アカウント:@nikonjp

ニコンイメージングジャパン公式のアカウントでは、ニコン製品のお知らせや作品が配信されています。それだけでなく、ニコンのカメラ・レンズで撮影され、光をテーマにした写真に「#light_nikon」をつけて投稿されたユーザーの作品が数多く紹介(リグラム)されています。

さて、実際のキャンペーンの例を挙げてみました。Instagramキャンペーンをやってみようかなと思った方、これから説明する注意点を必ずお読みください。

Instagramキャンペーンを行うときに気をつけること

Instagramキャンペーンをやろうと思ったときに、まずはルールを確認しましょう。まだ具体的にキャンペーンの開始が決まっていなかったとしても、キャンペーン内容を決めるために知っておくべきことがあります。

ロゴの使用に関すること

キャンペーンでInstagramのロゴや素材を使用する場合には、指定された公式のロゴを使用しなくてはなりません。Instagramのロゴは以下のURLから取得することができます。

Brand Resources : https://www.instagram-brand.com/

ロゴを使用する場合、Instagramと自社名を組み合わせた名前やマークを作成することは禁じられています。また、Instagramのロゴを自社のアプリやプロダクトのデザインに含めることもできません。

宣伝ガイドラインの内容を確認すること

  • ●公式ルール
  • ●規約と資格要件を設定すること(年齢や居住地の制限等)。
  • ●プロモーションおよび提供される賞品や賞金に適用される規則や規制を遵守すること(登録、規制上必要な承認の取得等)。

(引用:https://help.instagram.com/179379842258600

ユーザーを混乱させないために、キャンペーン開催にあたっては、キャンペーンの趣旨(テーマ)や応募方法等を明確にする必要があります。それだけでなく、提供条件、年齢や居住地等の応募条件が、きちんとルール化されていなくてはなりません。

さらに、Instagramを利用してのサービスの公開や、キャンペーンを行う際は、Instagramとの共同プレスリリースではないこと、後援や支援、運営等にInstagramが関わっていないことをきちんと示さなくてはなりません。Instagramが提携、協業しているといった、誤解を招きそうな表現を使ってはいけません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
Instagramキャンペーンで何よりも大切なのは、ユーザーに参加してもらわないと意味がないということです。

参加してもらうためのコツとしては、参加ハードルを高くしすぎないことです。参加条件は、「ハッシュタグをつけて投稿する」「企業のアカウントをフォローする」など、2〜3つくらいにとどめたほうが良いでしょう。

ただし、参加へのハードルが低すぎるのも注意が必要です。プレゼントがほしいだけで、ファンになる見込みが低すぎるユーザーも混ざってしまう可能性があるからです。

そして、これはデメリットの一つとなりますが、プレゼントキャンペーンの場合、集計には時間がかかります。参加条件を満たしているかを確認することはもちろん、当選者への連絡や商品の発送準備など、意外と細かい作業が多いからです。社内体制を整えた上で実施すべきでしょう。

Instagramキャンペーンを実施すれば、自社商品の購入やリピートにつながる可能性が期待できます。プレゼントキャンペーンであれば、企業アカウントから直接連絡をもらい、実際に商品が送られてくることになるので、当選者のそのブランドに対する親密度は大きく高まることになります。

まずキャンペーンを企画する前に、キャンペーンのメリットとデメリットを理解しましょう。そして、フォロワーにとってより魅力的な、目的に合ったキャンペーンを展開できるよう、日頃からInstagramキャンペーンをチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Roc

本社:〒650-0031
神戸市中央区東町116-2 オールドブライトビル405

東京支社:〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-11-5

東京オフィス:〒108-0075
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー(Regus内)

© 2016 ROC inc.